お菓子との時間

書店に並ぶたくさんのお菓子作の本。自分でレシピを作ることは出来ないけれどおいしいお菓子を作るのが好き。時にはアレンジを加えながら。

レシピ

2種類のタルト


レモンクリームのタルト甘夏のコンポートのせ

DSC_0890


甘夏のコンポートが思いの外美味しくできたのでタルトにトッピングしました。いつもはヨーグルトに入れるのですが。レモンの香りのクリームと甘夏の爽やかな酸味がぴったりでした。

タルトの生地は2枚分で載っていて冷凍して取っておけるのですが、どうもいつも忘れてしまうので今日は2種類作ってしまいました。 こちらはアーモンドクリームにダークチェリーを入れました。

DSC_0887
 

ちょっぴり焼きすぎです… (-_-;)へ   …。


どちらも基本レシピは稲田たか子さんです。 

パチパチパチッ!


パチパチパチッ!

DSC_0838


パンが上手に焼けたとき、オーブンから出すと“パチパチパチ”と言う音がします。その音が聞こえるとなんだか嬉しくなります。

このパンは堀井和子さんのレシピをもとに粒小麦を入れました。
どんな食感なのかなぁ、食べるのが楽しみです🎵 

くるみのパン

DSC_0799



    お菓子は小学生の頃から作っていたのですがパンを作ると言うのはなかなかハードルが高くて始められませんでした。そのハードルを越えるきっかけを作ってくれたのが堀井和子さんの'1つの生地で作るパン'と言う本でした。
基本の生地に少しのアレンジを加えて色々なパンを作っていくと言う本で、基本の丸パンからクロワッサンまでレシピが載っているものです。基本の丸パンは小麦粉、砂糖、塩、イースト、水だけで本当にシンプルなレシピです。でも、そのシンプルな味は色々なおかずに合うし、何よりあきのこないと言うのがとても気に入っています。
   
    今日はくるみ入りのレシピです。他にとても好きなのが黒胡椒入り、こちらはクリームチーズを付けて食べるのが絶品です❗ 

 

今年のヴァレンタイン

DSC_0774

フォンダン・オ・カッソナード

   ヴァレンタインには少し贅沢をしてヴァローナのチョコレートを使ったお菓子を焼きます。定番はモアロ・ショコラ・ショーでしたが今年はこちらにしました。そして前から気になっていたカップ状のチョコにガナッシュを詰めたもの。いつものオランジェット、モルトパフをいれてカップやモールドに流し、固めたもの。ホワイトにはオレンジを入れました。



DSC_0784




DSC_0790


おまけにイチゴの入ったココアロール
今年はかなり張り切りました。
デパートのサロン・デュ・ショコラもかなり賑わって、いや殺気だっていた気がします。いつからこんなにチョコ好きの民族になったのかしら?

フォンダン・オ・カッソナードは小嶋ルミさんココアロールは稲田たか子さんのレシピです。

簡単!チーズケーキ



DSC_0752




  久しぶりのチーズケーキです。
近くのS商会でセールをしていたので1キロの業務用張りのクリームチーズをゲットしました。チーズケーキを作るのに250㌘使います。マフィンにしたり黒胡椒をふってパンにはさんだり。せっせと消費しなければ!  少し前までクリームチーズは250㌘一箱で売っていたのにいつの間にやら200㌘になっていました。(このサイズ、250㌘使うケーキ作りには不便なんです)
    そう言えばその昔バターは一箱225㌘だったのにいつの間にか200㌘になりバター不足のこの頃は150㌘や100㌘のものが…。
クリームチーズに砂糖、たまご、粉を混ぜていくだけの簡単レシピ。稲田たか子さんのレシピです。




DSC_0756

お皿が変わるとケーキの色も違って見えたりして。


 
ギャラリー
  • サブレ・パリジェンヌ
  • サブレ・ブルトンヌ
  • サブレ・ブルトンヌ
  • サブレ・ブルトンヌ
  • さくらんぼのクラフティ
  • さくらんぼのクラフティ
  • いちご大福
  • セイヴォリーグラノーラ
  • セイヴォリーグラノーラ